医院外観

鼻の美容整形メニュー

患者さまの特徴に適した施術を選択いたします

美容外科・形成外科TOP>

隆鼻術

【自然な仕上がり】
隆鼻術は鼻筋を高くする手術です。
鼻は付け根から先端に向かって柔らかくなっています。当院は、このような鼻の構造に適したインプラントを、安定する箇所に挿入いたします。そのため、術後の形や触り心地が自然でほとんど存在がわかりません。

【自由なデザイン】
鼻の高さは患者さまの希望に合わせてデザインしますので、調整が可能です。

【傷跡は見えません】
手術は鼻の穴の中から行いますので、外側に傷がつきません。

鼻尖形成(鼻尖縮小術)

【団子鼻の方に】
団子鼻を細くシャープな鼻に形成します。
鼻先が太くなっている原因は大きく分けて、皮膚が厚い、皮下脂肪が多い、軟骨が大きい、軟骨が離れているなどがあります(図①)。患者さまによって原因はさまざまですから、診察が重要になります。

団子鼻の原因イラスト

手術は鼻の穴の中を切開して、脂肪の切除、軟骨の切除、軟骨の引き寄せをします。鼻先の支えが弱い方は皮膚の重さに耐えられず、鼻先がつぶれて丸くなってしまうので、切除した軟骨を左右の軟骨の間に移植して補強します(図②)。

鼻尖縮小イラスト

また、鼻尖縮小するときに側面の鼻尖の位置も注意しなければなりません。側面から見ても細く見えるように鼻尖を下げるように工夫しています(図③)。

鼻尖縮小横からイラスト

【術後の保護】
術後は鼻全体をシーネ固定して保護し、さらに肌色のテープで固定します。上からマスクをして大部分を隠すことが可能です。

鼻翼形成:鼻翼縮小術

【小鼻を整える手術】
小鼻のことを医学用語で鼻翼(びよく)といいます。鼻翼は鼻尖と一緒に鼻の下1/3を形成し、鼻先のバランスに大きな影響を与えます。鼻翼の形態を整える手術は鼻翼形成術と言います。
鼻翼は厚い皮膚と皮下組織で形成され、軟骨などは含まれていません。呼吸の時に広がったり、表情を作った時に動いたりと可動性のある構造と考えなければなりません。
鼻翼のバランスを見た時に、まず正面の広がりをみます。目と目の間に鼻翼がおさまっているのが良いバランスとされています。通常は35ミリ以下を目標にします。鼻翼の広がりが強い場合は鼻翼縮小術というものを行います。鼻翼縮小術には外側の皮膚を切除する外側法(図1)と鼻の穴の中の皮膚を切除する内側法(図2)があります。鼻翼形態などをみてどちらを選択するかを決める必要があります。

鼻翼縮小術外側法イラスト 鼻翼縮小術内側法イラスト

【デメリット】
外側法のデメリットは傷あとがありますが、丁寧に縫合することで比較的目立たなくなります。場合によっては傷あとを目立たなくするレーザーなどを行うことがあります。
内側法のデメリットは術後にしばらく笑った時に引きつった感覚が生じることです。これは中縫いの吸収糸の影響ですので2ヶ月すぎに気にならなくなります。

           

鼻翼形成:鼻孔縁形成術と鼻翼挙上術

鼻翼は鼻の穴(鼻孔)形態にも影響を及ぼします。鼻孔の見え方は正面視と側面視で見え方が変わるのですが、正面では鼻柱の位置よりも鼻翼が上になければなりません。それよりも下がっていると鼻が短くみえてしまいます。鼻孔縁は滑らかな波形がよいとされています。次に側面では鼻孔は楕円形に見えているのが良いとされています。
鼻孔形態を調整する手術として下げる方法は鼻孔縁形成術(図3)、上げる方法は鼻翼挙上術(図4)というものがあります。

鼻孔縁形成術イラスト 鼻翼挙上術イラスト

鼻の穴は見えすぎても隠れても好ましくありません。適度に見えるのが最もきれいですので、バランスを考慮して手術をすることが大事です。

鼻中隔延長術

鼻中隔延長術(びちゅうかくえんちょうじゅつ)は近年、行われるようになった手術で、名前を聞いてもどんな手術がイメージしづらいと思います。
鼻中隔とは左右の鼻の穴を仕切っている壁のことで、鼻中隔延長術とは鼻中隔を延長するという意味になりますが、正確には鼻中隔(軟骨)延長術が正しい言葉だと思います。英語ではSeptal Extensionといいますので、直訳したためそのような名前が広まったと思います。
鼻中隔軟骨は鼻中隔に存在する軟骨で薄く、平坦なのですが、軟骨にしては硬く、鼻を支える構造として重要な役割を果たしています。しかし、鼻を触ってみるとご理解いただけますが、鼻先は軟らかく、触ると左右に動き、押すと潰れます。これは鼻先までは鼻中隔軟骨が届いていないためです。機能的には鼻尖が軟らかい方が、外部要因で損傷するリスクが減ると思いますが、見た目としては鼻先が短く(短鼻)、上向いて(アップノーズ)、鼻先が丸く(団子鼻)の印象が強くなります。

鼻中隔イラスト

そこで、鼻中隔軟骨の先端に軟骨を継ぎ足して鼻先の位置をコントロールするのが鼻中隔延長術になります。

鼻中隔延長術イラスト

鼻中隔軟骨に継ぎ足す材料としては患者自身の軟骨を用います。鼻中隔軟骨の不要部分を用いることが多いですが、足りない場合は耳介軟骨、強度が必要な場合は肋軟骨を用います。
当院は用いませんが、他人の軟骨(同種軟骨)、人工物(メドポア、PDSプレート)などを用いるクリニックがあります。これらは単独だと吸収され後戻りが生じますし、メドポアなども感染しやすいという報告もあります。
鼻中隔延長術は鼻先を好きな位置に移動させる方法と考えたほうが良いです。下げたり、高くしたりすることが多いですが、上に向けたり、低くすることも可能です。アジア人の鼻は皮膚が厚く、軟骨が小さく、欧米人と比べて効果が出にくいため、美容外科医の中では鼻の手術を避ける傾向もありましたが、鼻中隔軟骨の支持性を高めることで欧米と同様に構造的鼻形成術(Structural Rhinoplasty)が可能となりました。そういった意味で非常に大きなブレイクスルーと言えます。
最近では鼻中隔延長術に限らず、大なり小なり軟骨移植することが結果を出す上である程度必要と考えています。軟骨移植における問題点は採取部に傷ができるということ、移植軟骨で鼻先が少し硬くなること、軟骨の輪郭が目立ってくることなどが可能性として考えられます。しかしながらこれらの欠点を上回るメリットがありますので、鼻先が軟らかい患者さまはご検討頂いたほうが良いと思います。
麻酔:静脈麻酔(推奨)
アプローチ:オープン法
抜糸:6〜7日目
ギプス:あり。鼻全体をシーネ固定して保護し、さらに肌色のテープで固定します。上からマスクをして大部分を隠すことが可能です。
ダウンタイム:7日間

鼻孔縁下降術

【鼻の穴が気になる方に】
正面からみて鼻の穴が目立つ場合に、鼻の穴を形づくっている部分(鼻孔縁)に軟骨または皮膚-軟骨を移植し、鼻の穴を見えなくします。

鼻柱下降術

【鼻尖、鼻翼との併せてバランスを整える】
鼻柱が吊り上っている場合に、軟骨を移植することでバランスを整えます。
鼻尖や鼻翼などの部位と併せて手術することが多いです。

鼻下短縮

【鼻の下を短く】
鼻柱基部を下降させ、同時に鼻の下を短くします。

【鼻唇角が大きくなる点にご注意を】
注意していただきたい点は、鼻先の位置は変わらないため、鼻唇角(顔を横から見て、鼻の先端から鼻の付け根までの線と、鼻の付け根から上唇に延長させた線の交わる角度)が大きくなる点です。

鼻骨骨きり(整鼻術)

【わし鼻が気になる方に】
骨切りを行い、わし鼻を改善します。

【術後の保護】
術後は鼻全体をシーネ固定して保護し、さらに肌色のテープで固定します。上からマスクをして大部分を隠すことが可能です。

鼻ヒアルロン酸

【鼻筋を作る】
硬めのヒアルロン酸を使用することにより鼻筋を作ることが可能です。
【利点】
利点としては短時間で行うことができ、ダウンタイムはほとんどありません。効果は半年から1年程度続きます。
【欠点】
欠点としては、ゲル状の物質なのでたくさん入れると周囲に流れ鼻筋が太くなるので、しっかりと鼻を高くしたい方には不向きです。
【料金】
57,000円(8%税込)

Dr.牧野太郎より鼻の整形について一言

鼻は顔の中央にあり、顔の品格に強い影響を与えるパーツです。しかしながら、日本人の鼻は皮膚が厚く、軟骨が軟らかいため、低く太い鼻になる傾向があります。鼻は三次元的な造形美を求められますので、求める鼻の形態をよくイメージして手術をうける必要があります。私は鼻の症例が多いクリニックに在籍していましたので、得意な手術です。ぜひご相談下さい。

【Dr.牧野太郎について知りたい方は】
プロフィールと自己紹介ページがございますので、ご覧ください。

鼻の施術料金(スマートフォンでは横画面でご覧ください)

施術名 料金 MBM料金
隆鼻術(シリコン) ¥258,000 ¥155,000
隆鼻術(ゴアテックス) ¥319,000 ¥186,000
隆鼻術(シリコン)+鼻尖形成 ¥494,000 ¥289,000
隆鼻術(ゴアテックス)+鼻尖形成 ¥535,000 ¥309,000
鼻尖形成(鼻尖縮小術) ¥328,000 ¥216,000
鼻翼縮小 ¥258,000 ¥185,000
鼻翼挙上 ¥215,000 ¥143,000
鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨) ¥412,000 ¥289,000
鼻中隔延長術(耳介軟骨移植) ¥463,000 ¥340,000
鼻中隔延長術(肋軟骨移植) ¥515,000 ¥391,000
鼻孔縁下降術 ¥216,000 ¥174,000
鼻柱下降術 ¥176,000 ¥154,000
鼻下長短縮術 ¥216,000 ¥144,000
鼻骨骨切り(整鼻術) ¥515,000 ¥359,000
鼻ヒアルロン酸 ¥57,000 ¥36,000

上記は消費税8%込みの料金です。詳しくは料金についてをご覧ください。

予約(Dr.牧野太郎の診療について)

お電話(097-558-6588)または来院時に承っております。
予約受付時間 平日10~12時 15~18時 土曜10~12時 14~15時
診療スケジュールはトップページ下部をご覧ください。

トップページをご覧になる方