医院外観

口元の美容整形メニュー

患者さまの特徴に適した施術を選択いたします

美容外科・形成外科TOP>口もと・口唇

鼻下から口元の美容手術について

【形のコントロールが難しい部位です】
口元は硬組織(上下顎骨、歯牙)や軟部組織(口唇)から成ります(図1)。立体的な構造で、動きのある動的な器官ですので、形のコントロールが難しい部位になります。
硬組織に関しては上下顎の骨切りや外科的矯正手術、矯正歯科による歯科矯正などでコントロールします。
一方、硬組織を触るまでは様々な理由で希望されない場合は軟部組織で見た目を整えます。

口元の名称イラスト

【まずは口唇の解剖から】
理想的な口唇とは
①人中と赤唇の長さ、比率が良い
②人中稜・赤唇縁・赤唇の膨らみがある
③口角が上がっている
ことなどが挙げられます。

【治療法】
① 人中と赤唇の長さ
人中の長さは15~16mm、赤唇は上7~8mm、下10~11mmが基準になります。
口唇のどの部分を触るかで効果が変わってきます。
人中が長い場合は面長で、老けた様な印象を与えてしまいます。
人中を短くすることで若々しい印象を作ることができます(鼻下長短縮術:図2)。
鼻下長短縮術イラスト
口唇が薄くて寂しい方は口唇拡大術(図3)。口唇に厚みを持たせるために、脂肪注入と粘膜弁法(口唇裏側の見えない部分で粘膜をW型に切って、互い違いに縫い合わせることにより、裏側の粘膜を表側にずらして厚くする方法)を行います。
口唇拡大術イラスト
口唇が太くてタラコのようで嫌な場合は口唇縮小術(図4)。口唇の裏側の見えない部分で粘膜を切り取り、縫い合わせることで薄くします。傷あとは口唇の裏側にありますので、隠れて見えません。
口唇縮小術イラスト
② 人中稜・赤唇縁・赤唇の膨らみを作るにはヒアルロン酸注入が適しています。注入刺激によって線維芽細胞がコラーゲンを作ります。その結果、ヒアルロン酸が吸収されても持続効果が期待できます。
③ 口角が下がっていると不機嫌な、老けた印象を与えてしまいます。
口角を挙げることで優しい、若々しい印象を作ることができます(口角挙上術:図5)。
口角挙上術イラスト

上記施術の料金(スマートフォンでは横画面でご覧ください)

施術名 料金 MBM料金
鼻下長短縮術 ¥260,000 ¥175,000
口唇拡大術 ¥270,000 ¥170,000
口唇縮小術 ¥210,000 ¥130,000
口角挙上術 ¥220,000 ¥135,000

上記は消費税8%込みの料金です。詳しくは料金についてをご覧ください。

Dr.牧野太郎よりひとこと

口唇は適度な厚みのバランスが好まれます。加齢とともに口唇は薄くなって、張りがなくなってきますので、対策が必要です。傷も目立たないですので、ぜひご相談下さい。

予約(Dr.牧野太郎の診療について)

お電話(097-558-6588)または来院時に承っております。
予約受付時間 平日10~12時 15~18時 土曜10~12時 14~15時
診療スケジュールはトップページ下部をご覧ください。

トップページをご覧になる方