医院外観

しわ・たるみの美容整形メニュー

患者さまの特徴に適した施術を選択いたします

美容外科・形成外科TOP>しわ・たるみ

なぜ顔が老けて見えるのか

顔の老化の3つの要素とは
1 ボリュームの減少
2 たるみ
3 皮膚の質の低下
と言われています。

1のボリュームの減少については例を挙げると、近年、ダイエットして急激にやせる方がいらっしゃいます。芸能人では元横綱やアフロのダンサー、サングラスがトレードマークの歌手など思い浮かぶ方がいらっしゃるかと思います。見てみると確かにふっくらしている時期と比べて、老けて見えます。つまり、顔がやせて、こけると老けて見えてしまうのです。ボリュームの減少について患者さまにお伝えすると「体重は落ちてないし、顔の大きいのにボリュームが減っているのは信じられない。」という反応をされる方も多いです。実は、老化とともに脂肪の付き方が変わってきます。顔の中顔面(目の下から法令線のちょっと上まで)は痩せて、口の横やあごの下の脂肪はついてきます。顔は大きくなっているのですが、若い時にふっくらとしていた肝心の部分はやせてしまっているのです。顔の中顔面がやせると、顔が平たくなり、ますます顔が大きく見えてしまいます。

2のたるみについてですが、たるみは皮膚が伸びて余っている状態です。これは老化の象徴みたいなものですから、わかりやすいと思います。老化の要素のボリュームの減少で皮膚が余ってしまってたるむこともありますし、もともと皮膚の弾力が無く伸びやすい体質だったりします。まぶたのたるみなどは、額にシワを作りながら眉毛を持ち上げるクセがあると、伸びてしまいます。最近では紫外線のUVAにより皮膚の線維構造が壊されることが、たるみの原因として注目されています。

3の皮膚の質の低下ですが、皮膚の表層の老化とも言えます。これは長年のスキンケアなどの結果で生じることが多いです。例えば、紫外線予防をしてなかったりするとシミができ、皮膚の真皮層のコラーゲン、エラスチンの量の減少、質の低下を来して、ちりめんジワの原因となってしまいます。キメの細かい化粧は人気がありますが、皮膚の毛穴をつまらせてしまいます。また油分が含まれていますので、落とすときにクレンジングオイルなどの洗顔剤が必要になります。その結果、皮膚の油分が失われ、こすることで、皮膚のバリア機能が失われ、慢性炎症の原因となってしまいます。皮膚の赤み、くすみ、肝斑(かんぱん)の原因となります。また皮膚は内臓の鏡とも言われていますので、健康的な生活をすることも大事です。タバコを吸っていると煙に含まれる有害物質を常に顔で浴びているようなものですので、皮膚が肥厚し、血流が悪くなってしまいます。お酒を飲み過ぎると毛細血管が拡張したりします。

お顔のたるみ治療について

お顔のたるみイラスト

加齢とともにお顔のたるみは気になってきます。
当院でもお顔のたるみ治療は要望の多い治療です。

たるみの治療は原因をしっかりと見極める必要があります。
① ボリューム不足が原因
② ボリューム過剰が原因
③ ボリュームは適切だが、皮膚の弛緩が原因

Dr.牧野太郎は①から③の順番でたるみを観察いたします。

①であった場合、ボリュームを補う治療をお勧めいたします。年齢とともに顔はやせてくることが多く、やせてないと思われている方も、脂肪の付き方が変わっており、若い時にふっくらとしていた部分は減少していることがほとんどです。治療としては負担の少ないヒアルロン酸、ハイドロキシアパタイト(商品名:レディエッセ)などのフィラーを用います。人工物を選択することに抵抗がある方はご自身の脂肪を用いることも出来ます。

②であった場合、ボリュームを減らす治療をお勧めいたします。アゴまわりは年齢とともにふっくらとしてくる方が多いです。皮膚をつまむと脂肪の厚みの程度が分かります。脂肪が多いといくら皮膚を引っ張っても、ボリュームの重さで皮膚が伸び、たるみが再発してしまいます。治療は脂肪を減らさなければなりません。負担の少ない治療としては脂肪溶解注射、BNLS注射がありますが、脂肪の量によっては時間・費用がかかることがあります。多少の腫れを受け入れられるのであれば、脂肪吸引がお勧めです。

③ボリュームが適切でたるんでいる場合は、皮膚の弛緩ですので、余っている皮膚を取り除く治療が必要なります。軽度であれば皮膚の引き締めを行います。レーザー治療で熱を入れることで、コラーゲン、エラスチンが増生し、加齢とともに失った皮膚の弾力を取り戻します。中等度であれば糸リフトで余剰皮膚の移動を行います。皮膚を頭側に持ち上げることで、法令線やアゴ周りのたるみが改善します。当院では皮膚を切らずに施術が可能です。また長期的に安全性が不確かな溶けない糸(非吸収糸)は用いず、溶ける糸(吸収糸)を用いています。糸リフトが非常に盛んな韓国でも、吸収糸を用いているクリニックがほとんどです。効果の持続力は糸が太くなったため、安定しています。当院では腫れの少ないN-COG(ニュートンコグ)リフト、腫れは多少ありますが、効果の高いミントリフトがあります。高度なたるみの場合は皮膚を切り取らなければなりません。上まぶたなら、上眼瞼皮膚切除術・眉毛下皮膚切除、下瞼ならハムラ法、頬から下はフェイスリフトになります。フェイスリフトにも傷の短いものと首までしっかり引き上げるものの2つがあります。

上記の3つの原因はそれぞれの部位によって異なりますので、同じ人でも、まぶたは皮膚切除、中顔面はヒアルロン酸、アゴ下は脂肪吸引といったように、複数の方法を組み合わせて治療を行います。

下まぶたのクマ・たるみ・シワについて

ヒアルロン酸注入:部分的にハリやふくよかさを与えます

【ダウンタイムが無い】
ヒアルロン酸注入療法は、腫れや不自然さが回復するまでの期間を考慮する必要がありませんので、お化粧感覚で受けて頂ける施術です。当日からお化粧、洗顔も可能な施術です。

【様々な部位に】
ヒアルロン酸を目の下のしわ、鼻唇溝(ほうれい線)、マリオネットライン、口周囲のしわ、額の横じわ、眉間の縦じわ、目尻のしわなどに注入することで効果を実感いただけます。

【持続期間】
1年から2年程度をかけて少しずつ減っていきます。

【学会発表も行っています】
Dr.牧野太郎は、ヒアルロン酸注入インジェクションシステムの有用性について美容外科学会で発表(2012年7月)を行っております。

ヒアルロン酸注入の料金(スマートフォンでは横画面でご覧ください)

使用するヒアルロン酸 料金(術前麻酔料金を含む) MBM料金
ベロテロ バランス リドカイン 1.0ml ごとに ¥62,000 ¥41,000
ベロテロ インテンス リドカイン 1.0ml ごとに ¥65,000 ¥43,000
ベロテロ ボリューム リドカイン 1.0ml ¥60,000 ¥41,000
ベロテロ ボリューム リドカイン 2.0mlごとに ¥88,000 ¥60,000

消費税8%込みの料金です。詳しくは料金についてへ。

上記のヒアルロン酸は硬さが異なり、それぞれ用いる部位が異なります。

上記は全て第4世代ヒアルロン酸に少量の麻酔薬が足されたものです。麻酔薬により、ヒアルロン酸を注入する際の痛みを緩和します。また、注入前にも肌に麻酔薬を塗布します。これにより、針を刺す時の痛みも軽減され、施術を通じて痛みはかなり抑えられます。麻酔の料金は上記料金に含まれております。

施術時は、ヒアルロン酸専用の注入システムを用いて正確に適量を理想の部位に注入します。

当院では、注入後に余ったヒアルロン酸を保存することはしませんし、他の患者さまに使いまわすこともしません。
全ての患者さまに未開封のヒアルロン酸を開封して注入し、適量を使用した後に余ったヒアルロン酸は廃棄します。

【使用する部位と量の目安】
  顔全体  :ベロテロ・ボリュームをほうれい線とホホとアゴなどに注入します。標準ですと2.0mlで足ります。
  涙袋   :ベロテロ・バランスを使用します。1.0mlで確実に足ります。
  口唇   :ベロテロ・バランスまたはインテンスを使用します。1.0mlで足ります。
  ほうれい線:ベロテロ・インテンスを使用します。1.0mlで足ります。
  鼻筋を作る:ベロテロ・インテンスを使用します。1.0mlで足ります。

同一部位にて2回目の注入を受けられる際は割引がございます。詳しくは診察時にお尋ねください。

BNLS注射

【お顔の輪郭形成】
BNLS注射液には、通常の脂肪溶解注射に含まれるフォスファチジルコリンは入っておらず、浮腫を抑えるセイヨウトチノキやペルシアグルミ、脂質代謝を促進するチロシンやヒバマタ、炎症を抑えるオキナグサ、カラクサケマンなどが入っています。
特徴としては、腫れが少ないため効果を実感しやすいこと、注入時の痛みが少ないことがあります。
1回でも効果は期待できますが、確実な効果のためには3回以上の治療をおすすめいたします。
治療間隔は1週間あける必要があります。

【料金】
1本(1cc)あたり6,000円(8%税込)

リバウンドのおきにくい脂肪溶解注射 FatX(ファットエックス)

デオキシコール酸を主成分として脂肪細胞の細胞膜を破壊して、脂肪細胞の数を減らすことが出来ます。

これまでの脂肪溶解注射の中には脂肪を小さくする効果(Lipolysis)はあったのですが、細胞自体は維持されているので一時的な効果に留まっていました。

デオキシコール酸は非常に効果の高い薬剤なのですが、細胞膜を破壊するという効果は他の細胞にも生じますので、周りの組織に影響を与えるリスクがありますので、慎重に使用する必要があります。

【受けられない方】
妊娠・授乳中
18歳未満・65歳以上
注入部位に感染や湿疹などの症状がある
など

【適応部位】
二重あご
上腕(二の腕)
ブラジャーの下の脂肪
わき腹
腹部
お尻
太もも
脂肪腫
など

適応範囲

BNLSよりも腫れが強くなりますが、効果が高いですので、少しダウンタイムの時間をとれる時が良いと思います。

ボツリヌス注入(額のシワ)

【しわの原因】
額の横じわ、眉間の縦じわ、目尻のしわ(カラスの足あと)は表情ジワと呼ばれ、表情筋が繰り返し収縮した結果、生まれます。

【ボトックスの登場】
上記のしわに対しては、1990年代よりアメリカを中心としてボトックス注入が行なわれ流行しました。いわゆるボトックスとはA型ボツリヌス菌毒素製剤のことで、筋肉に注入すると筋肉自体が収縮できなくなる為、これを利用してしわを消すのです。

【効き始めと持続力】
治療は気になるしわの原因となっている筋肉を見きわめ、数ヶ所にボツリヌス製剤を微量注入します。3~7日後ぐらいから効果が出始め、効果は3~5ヶ月持続します。1年に2〜3回を目安に続けていくことをおすすめします。

ボツリヌス注入(眉間のシワ)

眉間の縦じわ・鼻根部の縦じわを減らします。

ボツリヌス注入(目尻のシワ)

目尻の眼輪筋に作用させ、目尻の横じわを減らします。

ボツリヌス注入(エラ)

エラの咬筋に作用させて、エラの張りを減少させ、小顔効果を得ます。

ボツリヌス注入の料金(スマートフォンでは横画面でご覧ください)

使用する部位と使用単位 BOTOX VISTA
額のしわ 20単位 ¥36,000
目じりのしわ 20単位 ¥36,000
眉間のしわ 15単位 ¥34,000
あごの梅干し様のしわ 15単位 ¥34,000
小顔(えら) 50単位 ¥62,000
美脚 100単位 ¥124,000
笑うと歯茎が気になる 10単位 ¥31,000
ワキガ、ワキの多汗症 50単位 ¥62,000
追加 5単位ごと ¥13,000

消費税8%込みの料金です。詳しくは料金について

BOTOX VISTAは米国製です。

脂肪注入:部分的にボリュームを改善

【顔の老化】
年齢による顔の老化は大きく分けて3つあるとされています。
①皮膚の質の低下
②顔の容量の減少
③顔のたるみ です。
脂肪注入は主に②(ボリュームの改善)に効果があり、ある程度①(皮膚の質感の改善)や、③(たるみ)に対しても効果があります。
脂肪を注入するのですから、ボリュームが改善するのは理解しやすいと思います。
一方、たるみは皮膚の弾力の低下や重力による伸展刺激によって引き起こされますが、その他にもボリュームが減少することにより皮膚がしぼんだ風船のように余ってしまい、たるみが生じます。その痩け(こけ)によるたるみにも効果があります。
また、脂肪細胞を注入することで創傷治癒機転が働き、様々な成長因子が放出され、皮膚の質の改善も期待できます。

【余った脂肪の有効活用】
サイズダウンしたい部分の脂肪を顔面のボリュームが不足している部分に注入し、バランスのよい顔だちにする一石二鳥の施術です。極細注入針の使用で痛みや腫れを最小限にする注入が可能になりました。

【脂肪の採取と注入手技が重要】
注入に用いる脂肪は、組織を痛めないよう丁寧に吸引し、組織活性があるうちに素早く移植する必要があります。
採取した脂肪は不純物が多く含まれているので、特殊な濾過膜を用いて分離します。
脂肪が移植されると、周りから小さな血管が伸びてきて脂肪細胞に栄養を与えようとします。脂肪細胞は、1~3日以内に血管と結びつき血行が再開されないと、死んでしまいます。この小さな血管は、移植細胞の粒の表面から300マイクロメートルまでしか到達しませんので、注入脂肪の粒は小さければ小さいほうが脂肪細胞は生き残りやすいことになります。したがって、小さな脂肪粒にする注入がポイントです。
注入部位の解剖学的な知識を元に、脂肪を少量ずつ重なりあわないように散らして注入し、血管から栄養をもらいやすい状態にします。

【料金】
施術箇所は4ヶ所に分けられます。
①額(ひたい)
②上眼瞼(上のまぶた)
③下眼瞼・頬・ほうれい線(下のまぶた~ほうれい線にかけて)
④あご
基本料金 210,000円(①~④のうち1ヶ所に注入した場合はこの料金になります)
1ヶ所追加ごとに 80,000円(ただし、アゴ追加は40,000円)全て8%税込

脂肪注入箇所イラスト

PRP療法:気になる小ジワ、ちりめんジワに

【PRPとは】
人に備わった自然治癒システムであるPRP(自己多血小板血漿)を利用し、肌の弾力や瑞々しさ蘇らせる方法です。
血小板は通常は血液の中に存在し、1マイクロリットル中に15万~40万個存在します。そのままでは作用しませんが、血管が破綻し、血管外に漏出した場合、止血に作用する際に多くの成長因子を放出します。
この成長因子を高濃度に抽出して、希望される部位に注入することにより、高濃度の血小板から放出された成長因子が、ヒアルロン酸やコラーゲンの生産を促し、治癒力と組織再生構築力を増加させ、肌の若返りを図ります。

【小ジワ・ちりめんジワに効果的】
しわのある部分であれば、どこでも施術可能です。特に、ヒアルロン酸では改善が難しかった、ちりめん状のシワに効果的です。

【施術時間】
40分程度

【ダウンタイム】
1~3日
内出血が強い場合は引くまでに7~10日かかることもありますが、お化粧でカバーできます。
日常生活については、当日のみ激しい運動とお酒を控えていただければ、通常どおりで構いません。

【効果の持続】
施術後は2週間から2ヶ月をかけて徐々に肌の張りが出てきて、小ジワが改善していきます。
効果は2年近く持続します。

【料金】
150,000円(MBM料金82,000円)ともに8%税込

【専門的な解説ページがございます】
PRPについて、より詳しくお知りになりたい方は、PRP療法のページをご覧下さい。

PRP+グロースファクター

【プレミアムPRP療法とは】
PRPに肌や細胞の老化を再生させるために最も必要とされるグロースファクターFGFを添加し、注入します。PRP療法とPRP+グロースファクターは、部位により使い分けます。

【グロースファクターFGFとは】
人の皮下組織にある成分で、真皮層の線維芽細胞に働きかけて、コラーゲン線維を増やします。創傷治療や皮膚の潰瘍などの治療に幅広く使用されています。

【料金】
150,000円(MBM料金82,000円)ともに8%税込

タイトニングスレッド

【糸を使ってコラーゲントンネルを作る】
皮膚にタイトニングスレッドという糸を挿入すると、人体は糸を異物とみなし、糸の周りにコラーゲンやエラスチンを増殖させます。コラーゲンは、糸を包み込むようにコラーゲントンネルを形成します。

【糸は吸収されます】
タイトニングスレッドは半年から1年ほどで体内に吸収されますが、肌内部にコラーゲンが増えた状態になっていますので、吸収後もリフティング効果が期待できます。

ミントリフト

【強力なリフトアップ効果】
ミントリフトは体内に吸収される糸で頬(ほほ)を持ち上げるスレッドリフトの一種です。
従来のスレッドリフトと異なる点は、糸のトゲの大きさです。
従来の糸は、まっすぐな糸に切れ目を入れてトゲを作っていますので、糸の強度を残すためにトゲの大きさは小さくせざるを得ませんでした。これに対して、ミントリフトは、まっすぐな糸にトゲを接着させているので、糸の強度は非常に強く、トゲも硬いです。
また、吸収性の糸ではありますが、とても太いために吸収に時間がかかりますので、その間に組織が癒着を起こし、後戻りが少なくなります。
このように、吸収特殊な形状をもつ「ミントリフト」は、たるみをしっかり引き上げて固定することができます。従来の糸では難しかった、脂肪によるフェイスラインのたるみに効果的です。

【料金】
ミントリフト(片側5本ずつ合計10本使用):300,000円(MBM料金:240,000円)8%税込

フェイスリフト

予約(Dr.牧野太郎の診療について)

お電話(097-558-6588)または来院時に承っております。
予約受付時間 平日10~12時 15~18時 土曜10~12時 14~15時
診療スケジュールはトップページ下部をご覧ください。

トップページをご覧になる方