医院外観

目頭切開について

目を大きくしたり、二重の形を変える手術です。

美容外科・形成外科TOP>目(眼瞼)>目頭切開

目頭切開について

目頭の皮膚のつっぱりである蒙古ひだを取り除くもしくはひだを小さく(つっぱりを弱める)手術をいいます(図1)。
蒙古ひだは日本人を含む東アジアの人に多い特徴です。

蒙古ひだイラスト

蒙古ひだは皮膚がつっぱっている状態で、皮膚が足りてないことを示しています。皮膚がかぶさることで目が小さく、目が離れて見えます(図2)。

蒙古ひだ影響イラスト

目頭切開は皮膚のつっぱりを切って、縫合する手術になります。目的は①目を大きくする、もしくは②二重の形を変えることになります(図3)。

目頭切開の目的イラスト

手術は形成外科の基本手技であるZ形成術というものを応用して行ないます(図4)。

目頭切開の方法イラスト

手術は局所麻酔もしくは静脈麻酔(挿管なし)、抜糸は術後1週間で行います。

【リスク】
出血、腫れ、痛み、瘢痕、印象が変わる、左右差

【腫れ】
内出血により腫れが1〜2週間続くことがあります。

【傷】
術後1〜2ヶ月は傷が赤く盛り上がることがあります。

【よくある質問】
Qどれくらいで社会復帰できますか?
A抜糸の翌日からメイク可能です。メガネなどをかけると傷が目立ちません。

Qメイクで隠れますか?
A完全に消すことは難しいかもしれませんが、目立たなくなります。

Qメガネをかけても大丈夫ですか?
A傷に強い力がかからなければ大丈夫です。軽いメガネがおすすめです。

予約(Dr.牧野太郎の診療について)

お電話(097-558-6588)または来院時に承っております。
予約受付時間
平日10~12時 15~18時
土曜10~12時 14~15時

【市外・県外・海外の方にはオンライン診療によるカウンセリングも】
オンライン診療curon(クロン)を当院に導入しました。オンライン診療の料金が必要になりますが、遠隔地からでも直接来院せずにカウンセリングを受けていただけます。
スマートフォンでアプリをダウンロードし、当院の医療機関コード「87e9」を入力してご利用下さいませ。
※スマートフォンでのみご利用いただけるサービスです。クロンご利用ガイドをご覧くださいませ。

トップページをご覧になる方