医院外観

お顔のシミについて

お悩みの方はご相談ください

美容外科・形成外科TOP>お顔のシミ

シミには種類があります

【シミとは?】
シミは何かというと、皮膚の色素であるメラニンの局所的な増量です。まわりの皮膚と比べて色が黒いところをシミといいます。

【シミの種類】
シミは、大きく5種類に分けられます。
・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
・SK(老人性色素斑・脂漏性角化症)
・そばかす(雀卵斑)
・肝斑
・PIH(炎症後色素沈着)
それぞれ発生時期が異なるため、診断に有用です(図1)。紛らわしいものとしてアザやホクロがありますが、アザは生まれつき存在するもの、ホクロは皮膚の良性腫瘍として治療上鑑別することが必要です。

患者の年齢と発生頻度・症状の程度のイラスト

シミ治療

このように、シミにはたくさんの種類があり、種類によって治療法が異なりますので、診断を正確に行う必要があります。治療には光治療(レーザー、IPL)、内服、外用があります。

【レーザー治療】
Qスイッチレーザーがシミに対して効果が高いと考えております。

【IPL】
ライムライトを導入しました。

【外用治療】
ご自宅で行えるピーリング作用のある化粧品や、ハイドロキノンなどがあります。

【肌診断システム】
シミの評価のために肌診断システムを導入しました。シミの評価は写真などではわかりにくいことがあり、これが治療効果の判定を難しくしていたのですが、毎回同じ条件で写真が撮影できますので、治療の効果を実感していただけると思います。

光治療

【シミに対する光治療】
シミに対する光治療には、レーザーとIPL(IntensePlusedLight)というものがあります。レーザーは一つの波長の光だけ発振されるのに対して(例えばYAGレーザーでは532nmと1064nmという波長を選択します)、IPLというのは520nm~1200nmという範囲の波長が発振されます。波長によって治療効果が違ってきますので、レーザーの場合は一つの特徴しか持ちませんが、IPLの場合は様々な特徴を持っています。フィルターに寄って波長のピークや範囲を変えることでシミや赤ら顔、毛穴などに対する治療効果が変わってきます。
日本ではIPLはフラッシュランプとかフォトフェイシャルなどと言われることが多いですが、同じものと考えてもらって良いです。IPLはたくさんのメーカーから様々な機種が出ています。

シミの治療だけでいうとレーザーの方が効果は高い(キレが良い)ですが、ダウンタイム(皮むけや赤み、色素沈着などが治る期間)は長くかかります。肌の老化の特徴はシミだけでなく、赤みや皮膚の質感の低下などの症状が多面的に出現するのが特徴です。広範囲の波長をやわらかく治療するIPLはダウンタイムが短く美肌治療機として人気があります。

ライムライト Limelight

光治療器は欧米で作られているものが多く、白人は黄色人種よりも肌が強く、色が白いので光治療器のエネルギーが強めでも問題ないことが多いのですが、黄色人種の場合は刺激に弱く、色素が多いのでレーザーでやけどをするリスクが高くなります。ライムライトは日本人の肌を考え、日本人医師とキュテラ社が共同で開発したフラッシュランプ治療器です。日本では2006年に発売され、未だに国内で高い評価を受けている機械です。美肌治療では効果はもちろん、安全性や快適性のバランスが重要ですので、10年以上の国内での治療実績からこれらの評価が現在もっとも高いIPLといえるでしょう。

【IPLの作用】
・色素病変の改善:メラニン、ヘモグロビンに反応し、シミやソバカス、毛細血管拡張症(赤ら顔)を改善させます。
・表皮の新陳代謝の促進:古い皮膚が剥がれ、元気の良いイキイキとした肌に変わります。
・真皮に熱影響を与え、コラーゲンを増生させます。小ジワや毛穴の開き、肌の質感を改善させます。

【治療プロトコル】
最初は標準的な強さで照射します。痛みが強い場合はおっしゃって下さい。エネルギーを弱く致します。2回目以降は皮膚の反応をみて調整いたします。治療は月に1回のペースで3〜5回続けて下さい。ある程度皮膚の状態が改善したらメンテナンスとして3〜5ヶ月に1回のペースで照射をおすすめいたします。
1回あたりの治療時間は30分程度です。

【治療できない方】
・妊娠中の方
・悪性腫瘍および疑いのある方
・光過敏症のある方

【治療するかどうか判断が必要な方】
・てんかん発作のある方
・日焼けをしている方
・アキュテイン、アスピリン、イブプロフェン、ハーブ類、ビタミン剤、抗凝固剤の内服の方、金療法をしている方
・治療部位にアートメイクをしている方
・皮膚の炎症がある方

シミ治療の注意点

【シミ治療を受ける際の注意点】

・日焼けされている方は治療を受けられません。
シミは病変がやや深い(表皮基底層〜真皮)ところにあります。光療法は波長や照射エネルギーを変えることにより病変部を破壊し、シミを治療します。日焼けをされている方はシミの病変部の表層にメラニン色素が多くなってしまい、エネルギーが遮られてしまいます。加えて、病変部以外の組織に反応することによりやけど(熱傷)のリスクが高くなってしまいます。熱傷をきたしてしまうと炎症後の色素沈着(Post Inflammatory Hyperpigmentation: PIH)が生じてしまいます。日焼けしているかどうかを判断するには胸やお腹の皮膚色と比べてください。はっきりと顔の方が茶色であれば日焼けしています。その場合は日焼け止めを塗ったり、日傘、つばの大きい帽子などで遮光をしていただいたりする必要があります。

・肝斑のある方は肝斑の治療を先に行う必要があります。
肝斑は皮膚のバリアが破壊された慢性的な皮膚炎の状態です。光線療法は強いエネルギーを皮膚に照射して、メラニン色素を破壊する方法ですが、皮膚が弱っている状態だと回復に時間がかかり、炎症後の色素沈着が生じやすくなってしまいます。当院では肝斑治療はリスクの少ない内服療法とスキンケアを行い治療しています。しっかりと肌が健康になった状態で治療を行なうことが結果的にストレスなく治療を行なうことができます。

・一回ですべてのシミを無くすことはできません。
当院では光線治療はレーザーとフラッシュランプを用いています。レーザーの効果は強力ですが、アフターケアが必須となります。アフターケアはコツが必要で、初回の治療では小範囲で慣れていただく必要があります。そのため、お顔全体にシミがあっても全てに照射することはできません。フラッシュランプはお顔全体に照射可能で、アフターケアも簡単なものです。しかし、1回あたりの効果は限られたもので、複数回の治療が必要になります。

・アフターケアが大事です。
光療法によって皮膚の色素が壊れ、脱落・吸収されます。レーザーの方がエネルギーが強力ですので、より強く組織が損傷されますから、傷を治す過程と同様にしっかりとケアをする必要があります。炎症が強い時期にはメラニンの感受性が強くなっていますので、紫外線を避け、保湿のため軟膏を塗布する必要があります。シミはかさぶたとなり、脱落しますが、3〜5日で脱落するとまだ新しい皮膚が再生されていないため、生傷の状態となってしまい、怪我とかやけどのあとのシミである炎症後の色素沈着が生じてしまいます。かさぶたは天然の被覆材なのでできるだけ長く維持したほうが結果的に早くきれいに治ります。かさぶたを10日間以上維持することをおすすめします。レーザー治療は治療後2週間のケアが必要なため、大事な予定がない時期に治療を受けることをおすすめ致します。

・光線治療で生じる一時的な炎症、炎症後の色素沈着について
光線治療でシミの原因となっているメラニン色素を破壊し、治療します。照射すると色素に熱が発生し、赤みが生じます。その後かさぶたとなり、黒くなります。その後、かさぶたが剥がれるとピンク色になり、茶色くなり、時間と共に白くなっていきます。治療後のアフターケアが上手くいかないと赤みや茶色が強くなり、白くなるまでの期間が長くなってしまいます。

シミ治療の経過、色の変化イラスト

人間の身体の反応は個人差が大きく、絶対に安全な照射エネルギーというのはありません。また同じエネルギーでも人間の身体は日々、状態が変化しますので、前回は問題なかった強さでも赤くなったり、やけどを生じたりする可能性もあります。そのような症状は軟膏や日焼け止めなどで治療することができますので、生じた場合でも慌てずに対応してください。

シミ治療の料金

初回はシミのカウンセリング料金として、2,500円(8%税込)かかります。経過診察の診察料はかかりません。化粧はシミ診察の妨げになりますので、化粧を落として来院いただくようお願いいたします。

ライムライト1回:15,000円(8%税込)

予約(Dr.牧野太郎の診療について)

お電話(097-558-6588)または来院時に承っております。
予約受付時間
平日10~12時 15~18時
土曜10~12時 14~15時

【市外・県外・海外の方にはオンライン診療によるカウンセリングも】
オンライン診療curon(クロン)を当院に導入しました。オンライン診療の料金が必要になりますが、遠隔地からでも直接来院せずにカウンセリングを受けていただけます。
スマートフォンでアプリをダウンロードし、当院の医療機関コード「87e9」を入力してご利用下さいませ。
※スマートフォンでのみご利用いただけるサービスです。

トップページをご覧になる方