医院外観

フェイスリフトについて

頬のたるみを取る効果の高い手術です

美容外科・形成外科TOP>フェイスリフト

フェイスリフトについて

【最も効果の高いたるみ治療】
頬のたるみを取る方法は低侵襲なものがありますが、効果が弱い傾向があります。たるみ治療の効果が最も高いものはフェイスリフトです。

【フェイスリフトの進化】
フェイスリフトは昔からありますが時代とともに手術方法も進化してきました。最初は皮膚を取るだけの方法でしたが、術後しばらくは良いのですが、皮膚は緊張がかかると容易に伸びますので、たるみが再発してしまいます。
そこで、皮膚の下にある組織であるSMAS(我々はスマスと言っています。)という薄い膜様構造物を引っ張る術式が現れました。SMASは強い膜でなく、脂肪を含む軟らかい膜で同定するのにコツがあります。SMASの下には重要な組織である顔面神経が走行しているので、解剖に熟知していない医師は触らない方が良いでしょう。SMASの剥離も耳の前から、法令線近くまでと多様です。
基本的には剥離が多いほど効果が高くなりますが、腫れや内出血などが強くなりますので、そのバランスをどのように決めるかが重要になります。

SMASを牽引することで頬を持ち上げます。

SMAS牽引によるリフトアップ

組み合わせとしては
・フェイスリフトA(もみあげから耳前切開のみ):効果は中等度
・フェイスリフトB(もみあげから耳前を通り、耳の後ろまで):効果は高度

上記のどちらかを選択して、以下のオプションを追加するか検討します。
・ネックリフト(顎下を切開して首のたるみを取ります。)
・脂肪吸引(フェイスラインの皮下脂肪を減らします。)
・下眼瞼たるみ取り(目の下のたるみを取ります。)
・頬への脂肪注入術(頬のボリュームを増やし、張りを出します。

【切開線】

皮膚切開のバリエーション

【ダウンタイムなど】
手術は全身麻酔で行います。術後はフェイスバンドをして腫れや内出血を抑えます。手術翌日に血液を排出するドレーンを抜去します。抜糸は1週間後です。
腫れはフェイスリフトAで1〜2週間、フェイスリフトBで2〜3週間です(個人差があります。)フェイスバンドは、術後1週間は24時間していただき、抜糸後は就寝時には必ずしてもらい、その他の時間は可能な限り装着していただくと仕上がりが良くなります。

【料金】
フェイスリフト:600,000円(MBM料金:400,000円)8%税込

フェイスリフトについて学会報告を行いました

フェイスリフトについて2016年の美容外科学会で報告をして良い評価をいただきました。

(学会報告)
第39回日本美容外科学会総会(JSAPS) 2016年10月24日
「フェイスリフトにおけるInferior jowl compartmentの処理の有用性」
抄録
【目的】 フェイスリフトは耳前部切開から皮下、SMASの処理を行い、顔の下1/3の改善を図る手術であり、特に患者から訴えが多い部位はJowlやマリオネットラインである。この部分はMandibular retaining ligamentやSMAS,顔面神経下顎縁枝、バッカルファットなどが関与しているが、近年ではSuperficial fat compartmentのInferior jowl compartment (IJC)の存在も指摘されている。 今回、当施設でのフェイスリフトにおけるIJCの処理を適切に行い良好な経過を得ることが出来たので報告する。
【方法】 当施設において2015年2月から2016年4月までに行ったフェイスリフト患者10例を対象とした。 通常の耳前切開より皮下剥離を行い、parotid ligamentを超えたところでフェザーリングを行う。必要があれば脂肪吸引を行う。皮下剥離は皮下脂肪浅層を剥離し、皮下脂肪は皮弁に厚く残さないように注意する。内側はMandibular ligamentを超えるまで剥離する。SMAS下はPremasseter spaceを剥離する。この時、顔面神経を傷つけないように神経刺激装置を用いる。SMAS弁を挙上後にSMAS上の脂肪組織、特にIJCを切除する。十分に止血して、閉創する。
【結果】 全例においてJowlの改善を認めた。顔面神経麻痺を認めた症例はなかった。
【考察】 2007年Rohrichらは顔面のfat compartmentを報告し、浅層と深層に分けて治療する必要性を述べている。SMASを引き上げるフェイスリフトのみでは老化の治療は難しく、近年では脂肪吸引と脂肪注入の併用が行われているが、皮下脂肪組織の吸引はSMASを傷つけ、SMAS弁の引き上げの妨げになる可能性がある。直視下にSMAS上の脂肪組織を剪除する方法はやや煩雑ではあるが、効果的な方法と考えられた。

予約(Dr.牧野太郎の診療について)

お電話(097-558-6588)または来院時に承っております。
予約受付時間
平日10~12時 15~18時
土曜10~12時 14~15時
診療スケジュールはトップページ下部をご覧ください。

トップページをご覧になる方